【トリビア】一より小さい数

シェアする

 野球で打率を表すときに使われる「分」、「厘」などの一より小さい数ですが、これはさらに20個以上続きます。早速ご覧ください。
 ちなみに余談ですが、打率を表すときの「分」は小学校で習ったように「100分の1」という意味ではなく、あくまで単位である「割」の10分の1で、それが結果的に「100分の1」を表しているということだそうです。

スポンサーリンク

リズムに乗せて覚えてみよう



へぇ〜、と思ったらぜひシェアしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする